成功事例インタビュー

成約事例【調剤薬局】 成約事例【製造業】 成約事例【旅館】 成約事例【介護】 成約事例【工事業】

  • 120年続く薬局、事業承継は
    経営者の「最後のプロジェクト」

    譲渡企業
    所在地:群馬県
    事業内容:調剤薬局
    譲受企業
    所在地:群馬県
    事業内容:調剤薬局

    譲渡企業である㈲境屋有賀薬局 様は明治から続く地元の薬局。経営者のお父様が高齢になり閉局を検討していたところ、商工会議所の助言をきっかけに、地元の中堅薬局に事業を譲渡され、薬局の歴史はこれからも続いていきます。今回
    は、先代社長の有賀 良 様、ご子息で現社長の有賀 正樹 様にお話しをうかがいました。

    元々は閉局を検討とお聞きましたが
    薬局譲渡のきっかけはどんな経緯でしたか?
    「薬局を譲渡して事業を継続する」ということは私の選択肢になかった発想でした。たまたま、近所に前橋市の商工会議所があり「父(経営者で80代)の体調が悪くて…」と話したところ、群馬県の『事業承継・引継ぎ支援センター』を紹介され、薬局を譲渡して事業を継続できることを知りました。
    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀正樹様 ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀良様 ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本博史

    (写真左から)

    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀 正樹 様
    ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀 良 様
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史

    ※役職は当時のもの

    M&Aで『後継社』を探すことについて、
    どんな印象を持ちましたか?
    M&Aというと報道では大企業が取り上げられることが多く、当社のような小さな薬局を引き受けたい会社なんているのだろうか?と思いました。
    しかし、経営承継支援さんからいろいろな候補企業リストを見せていただき「これは何とかなるのかも」「もしお相手が現れたら嬉しいな」という感覚になってきましたし、中小薬局のM&Aが全国で行われていることも実感できました。
    譲渡を進めながら、
    どのようなことが大変だったでしょうか?
    当社は歴史が長く、個人事業の延長のような薬局だったので、まず「会社」と「個人」を分けることから始まりました。また創業が古いこともあり契約書が無く”口約束“で成り立っていることもあったり、1つ1つを整理することに時間を要しました。
    お相手に対しては
    どのような希望がありましたか?
    候補を50社程度に絞り、その中から「地元の薬局に譲りたい」という父の意向を尊重し、地元の候補から打診してもらうことにしました。
    すると、ありがたいことにすぐに譲り受けたいと意向を示してくれる会社が出てきて、譲渡を進めることになりました。
    M&Aを振り返って、これから事業承継を考える方にメッセージをお願いします。
    中小企業であっても若返りや時代変化への対応は必要です。今回、地元の薬局に引き継いでもらったことで、患者さんの利便性を維持でき、従業員の雇用も継続できました。これからは引継いでくれた薬局さんの人材やノウハウで境屋有賀薬局の新しい歴史を紡いでいってほしいです。
    調剤薬局M&A専任チームより
    本件のように、会社と個人の要素が混在しているケースは多くあります。弊社は相手を見つけるだけでなく、譲渡企業の実態を精査し正確な情報を譲り受ける会社へお伝えできる点がネットマッチングの会社とは大きく違う点です。 チームリーダー 大森隼
    チームリーダー 大森隼
    YouTubeにて
    本件インタビュー動画
    をご覧いただけます!
    第一話 0からの事業譲渡 始まりの物語
  • 世界に通用する技術を
    次世代へ

    譲渡企業
    所在地:鹿児島県
    事業内容:金属加工業
    譲受企業
    所在地:福岡県
    事業内容:自動車部品製造

    譲渡企業である㈲境屋有賀薬局 様は明治から続く地元の薬局。経営者のお父様が高齢になり閉局を検討していたところ、商工会議所の助言をきっかけに、地元の中堅薬局に事業を譲渡され、有賀薬局の歴史はこれからも続いていきます。今回は、先代社長の有賀 良 様、ご子息で現社長の有賀 正樹 様にお話しをうかがいました。

    元々は閉局を検討とお聞きましたが
    薬局譲渡のきっかけはどんな経緯でしたか?
    「薬局を譲渡して事業を継続する」ということは私の選択肢になかった発想でした。たまたま、近所に前橋市の商工会議所があり「父(経営者で80代)の体調が悪くて…と話したところ、群馬県の『事業承継・引継ぎ支援センター』を紹介され、薬局を譲渡して事業を継続できることを知りました。
    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀正樹様 ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀良様 ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本博史

    (写真左から)

    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀 正樹 様
    ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀 良 様
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史

    ※役職は当時のもの

    M&Aで『後継社』を探すことについて、
    どんな印象を持ちましたか?
    M&Aというと報道では大企業が取り上げられることが多く、当社のような小さな薬局を引き受けたい会社なんているのだろうか?と思いました。
    しかし、経営承継支援さんからいろいろな候補企業リストを見せていただき「これは何とかなるのかも」「もしお相手が現れたら嬉しいな」という感覚になってきましたし、中小薬局のM&Aが全国で行われていることも実感できました。
    譲渡を進めながら、
    どのようなことが大変だったでしょうか?
    当社は歴史が長く、個人事業の延長のような薬局だったので、まず「会社」と「個人」を分けることから始まりました。また創業が古いこともあり契約書が無く”口約束“で成り立っていることもあったり、1つ1つを整理することに時間を要しました。
    お相手に対しては
    どのような希望がありましたか?
    候補を50社程度に絞り、その中から「地元の薬局に譲りたい」という父の意向を尊重し、地元の候補から打診してもらうことにしました。
    すると、ありがたいことにすぐに譲り受けたいと意向を示してくれる会社が出てきて、譲渡を進めることになりました。
    M&Aを振り返って、これから事業承継を考える方にメッセージをお願いします。
    中小企業であっても若返りや時代変化への対応は必要です。今回、地元の薬局に引き継いでもらったことで、患者さんの利便性を維持でき、従業員の雇用も継続できました。これからは引継いでくれた薬局さんの人材やノウハウで境屋有賀薬局の新しい歴史を紡いでいってほしいです。
    担当コンサルタントより
    本件のように、会社と個人の要素が混在しているケースは多くあります。弊社は相手を見つけるだけでなく、譲渡企業の実態を精査し正確な情報を譲り受ける会社へお伝えできる点がネットマッチングの会社とは大きく違う点です。 ㈱経営承継支援
    M&Aコンサルタント 山本 博史
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史
    YouTubeにて
    本件インタビュー動画
    をご覧いただけます!
    第一話 0からの事業譲渡 始まりの物語
  • 従業員の雇用を守りたい

    譲渡企業
    所在地:長野県
    事業内容:温泉旅館
    譲受企業
    所在地:群馬県
    事業内容:温泉旅館

    譲渡企業である㈲境屋有賀薬局 様は明治から続く地元の薬局。経営者のお父様が高齢になり閉局を検討していたところ、商工会議所の助言をきっかけに、地元の中堅薬局に事業を譲渡され、有賀薬局の歴史はこれからも続いていきます。今回は、先代社長の有賀 良 様、ご子息で現社長の有賀 正樹 様にお話しをうかがいました。

    元々は閉局を検討とお聞きましたが
    薬局譲渡のきっかけはどんな経緯でしたか?
    「薬局を譲渡して事業を継続する」ということは私の選択肢になかった発想でした。たまたま、近所に前橋市の商工会議所があり「父(経営者で80代)の体調が悪くて…と話したところ、群馬県の『事業承継・引継ぎ支援センター』を紹介され、薬局を譲渡して事業を継続できることを知りました。
    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀正樹様 ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀良様 ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本博史

    (写真左から)

    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀 正樹 様
    ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀 良 様
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史

    ※役職は当時のもの

    M&Aで『後継社』を探すことについて、
    どんな印象を持ちましたか?
    M&Aというと報道では大企業が取り上げられることが多く、当社のような小さな薬局を引き受けたい会社なんているのだろうか?と思いました。
    しかし、経営承継支援さんからいろいろな候補企業リストを見せていただき「これは何とかなるのかも」「もしお相手が現れたら嬉しいな」という感覚になってきましたし、中小薬局のM&Aが全国で行われていることも実感できました。
    譲渡を進めながら、
    どのようなことが大変だったでしょうか?
    当社は歴史が長く、個人事業の延長のような薬局だったので、まず「会社」と「個人」を分けることから始まりました。また創業が古いこともあり契約書が無く”口約束“で成り立っていることもあったり、1つ1つを整理することに時間を要しました。
    お相手に対しては
    どのような希望がありましたか?
    候補を50社程度に絞り、その中から「地元の薬局に譲りたい」という父の意向を尊重し、地元の候補から打診してもらうことにしました。
    すると、ありがたいことにすぐに譲り受けたいと意向を示してくれる会社が出てきて、譲渡を進めることになりました。
    M&Aを振り返って、これから事業承継を考える方にメッセージをお願いします。
    中小企業であっても若返りや時代変化への対応は必要です。今回、地元の薬局に引き継いでもらったことで、患者さんの利便性を維持でき、従業員の雇用も継続できました。これからは引継いでくれた薬局さんの人材やノウハウで境屋有賀薬局の新しい歴史を紡いでいってほしいです。
    担当コンサルタントより
    本件のように、会社と個人の要素が混在しているケースは多くあります。弊社は相手を見つけるだけでなく、譲渡企業の実態を精査し正確な情報を譲り受ける会社へお伝えできる点がネットマッチングの会社とは大きく違う点です。 ㈱経営承継支援
    M&Aコンサルタント 山本 博史
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史
    YouTubeにて
    本件インタビュー動画
    をご覧いただけます!
    第一話 0からの事業譲渡 始まりの物語
  • 人材不足を解消する
    手段としてM&A

    譲渡企業
    所在地:福島県
    事業内容:グループホーム
    譲受企業
    所在地:福島県
    事業内容:訪問介護サービス

    譲渡企業である㈲境屋有賀薬局 様は明治から続く地元の薬局。経営者のお父様が高齢になり閉局を検討していたところ、商工会議所の助言をきっかけに、地元の中堅薬局に事業を譲渡され、有賀薬局の歴史はこれからも続いていきます。今回は、先代社長の有賀 良 様、ご子息で現社長の有賀 正樹 様にお話しをうかがいました。

    元々は閉局を検討とお聞きましたが
    薬局譲渡のきっかけはどんな経緯でしたか?
    「薬局を譲渡して事業を継続する」ということは私の選択肢になかった発想でした。たまたま、近所に前橋市の商工会議所があり「父(経営者で80代)の体調が悪くて…と話したところ、群馬県の『事業承継・引継ぎ支援センター』を紹介され、薬局を譲渡して事業を継続できることを知りました。
    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀正樹様 ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀良様 ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本博史

    (写真左から)

    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀 正樹 様
    ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀 良 様
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史

    ※役職は当時のもの

    M&Aで『後継社』を探すことについて、
    どんな印象を持ちましたか?
    M&Aというと報道では大企業が取り上げられることが多く、当社のような小さな薬局を引き受けたい会社なんているのだろうか?と思いました。
    しかし、経営承継支援さんからいろいろな候補企業リストを見せていただき「これは何とかなるのかも」「もしお相手が現れたら嬉しいな」という感覚になってきましたし、中小薬局のM&Aが全国で行われていることも実感できました。
    譲渡を進めながら、
    どのようなことが大変だったでしょうか?
    当社は歴史が長く、個人事業の延長のような薬局だったので、まず「会社」と「個人」を分けることから始まりました。また創業が古いこともあり契約書が無く”口約束“で成り立っていることもあったり、1つ1つを整理することに時間を要しました。
    お相手に対しては
    どのような希望がありましたか?
    候補を50社程度に絞り、その中から「地元の薬局に譲りたい」という父の意向を尊重し、地元の候補から打診してもらうことにしました。
    すると、ありがたいことにすぐに譲り受けたいと意向を示してくれる会社が出てきて、譲渡を進めることになりました。
    M&Aを振り返って、これから事業承継を考える方にメッセージをお願いします。
    中小企業であっても若返りや時代変化への対応は必要です。今回、地元の薬局に引き継いでもらったことで、患者さんの利便性を維持でき、従業員の雇用も継続できました。これからは引継いでくれた薬局さんの人材やノウハウで境屋有賀薬局の新しい歴史を紡いでいってほしいです。
    担当コンサルタントより
    本件のように、会社と個人の要素が混在しているケースは多くあります。弊社は相手を見つけるだけでなく、譲渡企業の実態を精査し正確な情報を譲り受ける会社へお伝えできる点がネットマッチングの会社とは大きく違う点です。 ㈱経営承継支援
    M&Aコンサルタント 山本 博史
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史
    YouTubeにて
    本件インタビュー動画
    をご覧いただけます!
    第一話 0からの事業譲渡 始まりの物語
  • 隣接業種を内製化し
    利益率を高める

    譲渡企業
    所在地:東京都
    事業内容:電気工事
    譲受企業
    所在地:埼玉県
    事業内容:空調設備工事

    譲渡企業である㈲境屋有賀薬局 様は明治から続く地元の薬局。経営者のお父様が高齢になり閉局を検討していたところ、商工会議所の助言をきっかけに、地元の中堅薬局に事業を譲渡され、有賀薬局の歴史はこれからも続いていきます。今回は、先代社長の有賀 良 様、ご子息で現社長の有賀 正樹 様にお話しをうかがいました。

    元々は閉局を検討とお聞きましたが
    薬局譲渡のきっかけはどんな経緯でしたか?
    「薬局を譲渡して事業を継続する」ということは私の選択肢になかった発想でした。たまたま、近所に前橋市の商工会議所があり「父(経営者で80代)の体調が悪くて…と話したところ、群馬県の『事業承継・引継ぎ支援センター』を紹介され、薬局を譲渡して事業を継続できることを知りました。
    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀正樹様 ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀良様 ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本博史

    (写真左から)

    ㈲境屋有賀薬局 代表取締役 有賀 正樹 様
    ㈲境屋有賀薬局 取締役 有賀 良 様
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史

    ※役職は当時のもの

    M&Aで『後継社』を探すことについて、
    どんな印象を持ちましたか?
    M&Aというと報道では大企業が取り上げられることが多く、当社のような小さな薬局を引き受けたい会社なんているのだろうか?と思いました。
    しかし、経営承継支援さんからいろいろな候補企業リストを見せていただき「これは何とかなるのかも」「もしお相手が現れたら嬉しいな」という感覚になってきましたし、中小薬局のM&Aが全国で行われていることも実感できました。
    譲渡を進めながら、
    どのようなことが大変だったでしょうか?
    当社は歴史が長く、個人事業の延長のような薬局だったので、まず「会社」と「個人」を分けることから始まりました。また創業が古いこともあり契約書が無く”口約束“で成り立っていることもあったり、1つ1つを整理することに時間を要しました。
    お相手に対しては
    どのような希望がありましたか?
    候補を50社程度に絞り、その中から「地元の薬局に譲りたい」という父の意向を尊重し、地元の候補から打診してもらうことにしました。
    すると、ありがたいことにすぐに譲り受けたいと意向を示してくれる会社が出てきて、譲渡を進めることになりました。
    M&Aを振り返って、これから事業承継を考える方にメッセージをお願いします。
    中小企業であっても若返りや時代変化への対応は必要です。今回、地元の薬局に引き継いでもらったことで、患者さんの利便性を維持でき、従業員の雇用も継続できました。これからは引継いでくれた薬局さんの人材やノウハウで境屋有賀薬局の新しい歴史を紡いでいってほしいです。
    担当コンサルタントより
    本件のように、会社と個人の要素が混在しているケースは多くあります。弊社は相手を見つけるだけでなく、譲渡企業の実態を精査し正確な情報を譲り受ける会社へお伝えできる点がネットマッチングの会社とは大きく違う点です。 ㈱経営承継支援
    M&Aコンサルタント 山本 博史
    ㈱経営承継支援 M&Aコンサルタント 山本 博史
    YouTubeにて
    本件インタビュー動画
    をご覧いただけます!
    第一話 0からの事業譲渡 始まりの物語