2020年M&Aで飲食店は
      売却できるのか
地元で愛され続けているお店の味を守れ
previous arrow
next arrow
Slider

コロナの状況下で、M&Aで飲食店は売却できるのか

2020年9月、いまだ新型コロナウイルスの終息が見えない状況であり、飲食店の倒産・廃業件数も全業界の中で最多の46件と約50%を占めます。

 

全国の飲食店情報の閲覧数の前年同週比のデータをみると、2020年5月以降、客足は回復しているようにみえますが、前年比▲20%~▲40%の間を推移し、かつ2020年9月現在も、全国的に新型コロナウイルス感染者数が増加しており予断を許さない状況です。

 

M&Aで飲食店の売却相談はございますが、厳しい状況と言えるでしょう。

 

ただし、立地条件や金額次第では、飲食店を譲り受けたい企業はゼロではございません。

 

現在、初期費用無料でM&Aマッチングサイト「M&Aボード」に匿名で情報掲載は可能ですので、相手候補先が出てくるのを待ちたい方にはおすすめです。

 

 

飲食店の譲渡案件をみる