Slider

なぜ中小企業の経営者はM&Aをするようになったか?

 M&A仲介会社の選び方を知りたい人におすすめ記事です。

 

M&Aとは、中小企業の跡継ぎ問題を解決する手段として、中小企業の社長にも知れ渡るようになりました。

 

経営者同士の会合の席で、xx社長が会社を売ったらしいよこんな話を耳にする機会が増えているかと思います。

 

 この記事をご覧の社長の中にも、「体力的にきつい」「病気が悪化しないうちに誰かに経営を任せたい」心のどこかで思っているかもしれません。

 

しかし、あたりを見渡しても、経営を任せることができる人材がいない。

昭和の頃みたいに、子供が引き継ぐ時代でもない。

 

こうして、会社を売るという選択をする中小企業の社長は増えてきています。

いま社長が悩んでいるのは、どこのM&A仲介会社にお願いすればよいか?という段階ではないでしょうか。

 

 

M&Aを相談する先とは?

 「そろそろ会社の経営を誰かに任すか。M&Aは誰に相談すればよいのか」

ふと思い立ったけれど、誰に相談すれば?

 顧問の税理士?メインバンク?それとも・・・。

中小企業の経営者に立ちはだかる壁。

M&Aは、法務、財務・税務、ビジネスさらに交渉スキルなど高度なスキルが必要なため、相談先が重要です。

 多くの税理士は、社長の会社との顧問契約がなくなる可能性があるため、M&Aには積極的ではありません。

良識のある顧問の税理士であれば、まずは相談してみることをおすすめします。

ここで相談先として出てくるのが、「M&A仲介会社」という存在です。

 

国内で有名なM&A仲介会社は、以下のとおりです。主に、相手企業(売り手➡買い手)(買い手➡売り手)の紹介や

契約手続きを支援します。

 

 

株式会社 経営承継支援

株式会社 日本M&Aセンター

かえでFA

など

 

 

M&A仲介会社によって、案件保有量、取扱い業種、報酬単価が異なりますので、問い合わせしてみることをおすすめします。

 

 

M&A仲介のすすめかた

M&A仲介会社は、社長と会社を引き継ぐ会社を引き合わせる仲介業務をおこないます。

かんたんに流れをみていきましょう。

 

① M&A仲介会社に相談し、コンサルタントに相談。

 

② M&A仲介会社と仲介契約書を結ぶ。契約書上で、着手金が発生するかどうか等チェック。

着手金無料のM&A仲介会社はこちら

 

③ 社長の会社を提案するための「企業概要書」をつくり、「株価算定」をおこないます。

 

④ 登録データから提案する相手を探します。(結婚相談所にあるお見合いデータみたいなもの)

 

⑤ 相手が興味を持てば、「秘密保持契約書」を結び、社長の会社の名前を教えます。

 

⑥ コンサルタントを通じて、お互いの条件を伝えます。

 

⑦ ある程度、条件が固まったら、一度、相手との顔合わせをおこないます。

 

⑧ お互いの条件や今後の進め方をまとめた「基本合意書」を締結します。

 

⑨ お互いが気付いていないトラブルや問題を事前に回避するため、相手が必要に応じて、弁護士、公認会計士に資料チェックを依頼します。

 

⑩ お互い最終契約書を締結し、引き継ぎ作業を協力して、完了となります。

 

 

M&A仲介会社の違いは?

M&A仲介会社によって、得意な分野、料金が異なります。先ほどのM&Aの順序をみながらチェックポイントを特別にお伝えします。

 

① M&A仲介会社に相談し、コンサルタントに相談。

➡ 【重要ポイント1】M&A仲介会社によって、得意分野、対応している地域が決まっており、コンサルタントの能力にも差があります。

※ 全国対応・全業種に対応しているM&A仲介会社はこちら

 

② M&A仲介会社と仲介契約書を結ぶ。契約書上で、着手金が発生するかどうか等チェック。

➡ 契約書を結ぶ前に、業務範囲や手数料に関してチェックしましょう。

 

③ 社長の会社を提案するための「企業概要書」をつくり、「株価算定」をおこないます。

➡ 企業概要書の品質は、M&Aの結果を左右します

株価に影響を受けるポイントは、「資産価値の増減」「利益の増減」の2点を抑えておけば十分です。

 

④ 登録データから提案する相手を探します。(結婚相談所にあるお見合いデータみたいなもの)

➡ 【重要ポイント2】データの登録数および相手先を探すコンサル部門の有無を必ず確認することをおすすめします。

 

⑤ 相手が興味を持てば、「秘密保持契約書」を結び、社長の会社の名前を教えます。

 

⑥ コンサルタントを通じて、お互いの条件を伝えます。

➡ コンサルタントの伝達スキルが求められますので、依頼する段階で、能力を見極めることが重要です。

 

⑦ ある程度、条件が固まったら、一度、相手との顔合わせをおこないます。

 

⑧ お互いの条件や今後の進め方をまとめた「基本合意書」を締結します。

 

⑨ お互いが気付いていないトラブルや問題を事前に回避するため、相手が必要に応じて、弁護士、公認会計士、税理士に資料チェックを依頼します。

➡ 決算書などの財務データ、労務関係のデータ等、社内資料をくまなくチェックされますので、M&A開始前に、どこに、何の資料があるか把握することが重要です。

➡ 詳細な財務調査により、「株価の調整」が出てくることを想定しておきましょう。

【おさらい】株価に影響を受けるポイントは、「資産価値の増減」「利益の増減」の2点を抑えておけば十分です。

 

⑩ お互い最終契約書を締結し、引き継ぎ作業を協力して、完了となります。

 

 

M&A仲介会社の料金体系は?

M&A仲介会社によって、料金体系は異なります。

 

相手がみつかるかどうかわからない段階で、手数料を支払いたくない場合は、着手金無料のM&A仲介会社を選ぶことをおすすめします。

M&Aが成約した場合に支払う成功報酬金額も大きく2パターンあります。

 

① 総資産に料率をかける場合

② 譲渡金額に料率をかける場合

 

どちらが、社長にとってお得でしょうか。

正解は、②の譲渡金額に料率をかける場合です。

 

例えば、社長の会社の譲渡金額が2億円、負債が3億円とします。(料率を5%と設定)

②の場合は、2億円×5%=1,000万円の手数料です。

しかし、①の場合、譲渡金額2億円に負債の3億円をプラスした5億円×5%=2,500万円です。

1,500万円の違い

 

コンサルタントが優秀で、社長が多く手数料を支払いたいのであれば別です。

しかし、社長の会社の負債が多いため、手数料を1,500万円も多く支払い、手取りが減ってしまいます。

 

M&A仲介会社は、社長にとって一生に一度、関わるか関わらないかの存在です。

しかし、社長にとって最も重要な経営判断であるM&A。

安心できるM&A仲介会社に相談してみてはいかがでしょうか。