一番読まれている調剤薬局のM&A成約事例
調剤薬局の閉局の危機を救ったM&A
薬局の奇跡
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

現在、調剤薬局業界が激動の時代を迎えていることは皆様のご承知のとおりかと思います。

 

市場規模自体は高齢化社会の進展と医薬分業の発展により拡大が続いている一方、調剤報酬・薬価の引き下げによる利益率の悪化、慢性的な薬剤師不足と薬剤師採用の費用負担増、競合他社・プレイヤーの増加による競争激化など、薬局経営における収益環境については厳しさを増す一方かと思います。

 

また、他業界同様、後継者不足に悩む経営者の方の声も多く聞きます。

 

地域医療・処方元の医療機関、もっと言えば長きにわたり通ってくださる患者様を守るために多大なる経営努力をされていることと存じますが、上記のような収益環境の悪化のために満足のいくサービスの提供ができない場合もあり、最悪の場合廃業という選択をされる場合もあるでしょう。

 

当社では、全国から後継者不在等を理由に、調剤薬局店舗を譲渡したい経営者から毎月、ご相談をいただいております。

 

ご相談いただいている一部の譲渡案件は以下から御覧いただけます。

 


Slider