2020年居宅介護支援事業所の最新M&A動向


居宅介護支援事業所業界のポイント

現在、全国の居宅介護支援事業所のオーナー経営者様から事業承継(M&A)のご相談が増えております。

居宅介護支援の主な業務は、地域の高齢者の居宅サービス計画(通称:ケアプラン)の作成であり、その他にも施設への紹介などの調整等をおこなう労働集約型です。将来的に人手不足が予想される介護業界では、ケアプラン作成をAIを活用し自動化する取り組みも行われています。

高齢化に伴い、事業所数も増加傾向にあり、4万件を超えており、居宅介護支援の受給者数も年間350万人を超えています。

居宅介護支援事業所業界における動向・トピックス

居宅介護支援事業所の収益は、3年毎に改定される介護報酬に大きく影響します。

また売上を伸ばすには、行政や近隣の医療機関、他の介護サービス事業所等との地域ネットワークを充実させると同時に、職員の教育体制の維持・向上が求められます。

高齢者は増加している一方、過疎地域においては転居や死亡等による人口減少によって、将来的に市場が縮小していく地域もあるので、市場調査を十分にしておく必要性があります。

居宅介護支援事業所M&Aをすることのメリット(譲渡側)

当業界は、譲渡側にさまざまなメリットがある市場といえます。

さてどのような特長やメリットがあるでしょうか。

居宅介護支援事業所M&A事例

2019年12月

らいふホールディングス(東京)による居宅介護支援事業所・訪問介護事業所運営のひまわり(東京)の株式取得。

 

 

居宅介護支援事業所業界のM&Aポイント

居宅介護支援事業所のM&Aのポイントは、2021年度まで活発化すると予想されます。

2018年度の介護報酬改定により、居宅介護支援事業所の管理者は「主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)」であることが定められました。

主任ケアマネージャーの人材確保によるM&A(Acqui-hire)が活発化していますが、引き続き、この傾向は続いてくでしょう。

最後に、M&Aによるメリットと会社を高く売るM&A会社の見分け方をご紹介します。

 

居宅介護支援事業所M&Aによる譲渡側のメリット

 

■ オーナー経営者様の後継者問題解決

■ 大手との提携により、貴社の経営基盤強化

■ 買い手側の社員との人材交流による組織活性化

会社を高く売るM&A会社を見分けるポイント

 

■ 信頼のおけるM&A会社・・・買手側がどのような手法で評価するかを事前に知り、対策まで支援するM&Aコンサルタントが重要です。

■ 経験豊富なM&A会社・・・経験の浅いM&Aコンサルタントの場合、貴社の価値に気づかず話が進み、評価が低くなる恐れがございます。

■ 情報量の豊富なM&A会社・・・買手候補先が多いほど、オークション方式で競争原理が生まれます。

特に、中小企業M&Aの場合は、マッチング力が重要となりますので、当社のような全国のネットワークから地域情報を収集し、広域マッチングが可能な先に相談することをおすすめします。

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。

M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

お電話でのお問合せ 03-6279-0596(土日祝日除く)

関連記事