2020年建築材料卸売業界の最新M&A動向


建築材料卸売業界のポイント

現在、全国の建築資材卸売業のオーナー経営者様から事業承継(M&A)のご相談が増えております。

建築資材卸売業は、取り扱う製品よって大きく以下に分類されます。

・ 木材・竹材卸売業

・ セメント卸売業

・ 板ガラス卸売業

・ 建築用金属製品卸売業

・ その他の建築材料卸売業

建築資材商品の年間販売額は、20兆円程度の規模であるが、景気に左右されやすい業界のため、コロナウィルスの影響による住宅需要の低迷での販売額の減少が懸念されます。

 

 

 

建築材料卸売業界における動向・トピックス

建築資材卸売事業は、東日本大震災からの復興需要などにより、全体的に国内出荷終了は増加傾向にあります。

ただし、取引先のさらなる工事原価の削減により、十分な利益を確保できなくなってきていますので、引き続き注視していく必要があります。

 

 

 

 

建築材料卸売M&Aをすることのメリット(譲渡側)

当業界は、譲渡側にさまざまなメリットがある市場といえます。

さてどのような特長やメリットがあるでしょうか。

 

 

 

建築材料卸売業界のM&Aポイント

建築資材卸売業のM&Aのポイントは、建材製品が多岐にわたることから、「在庫の管理」が重要です。

また、M&Aでは販売先および売上比率、取扱品目とともに取引先との取引条件を把握することが必要となります。

 

最後に、M&Aで大手の傘下にはいることにより解決できる3つのポイントをご紹介します。

 

 

■ オーナー経営者様の後継者問題解決

■ 大手との提携により、貴社の経営基盤強化

■ 買い手側の社員との人材交流による組織活性化

 

M&A仲介会社を選ぶ際も、当社のような全国のネットワークから地域情報を収集し、広域マッチングが可能な先に相談することをおすすめします。

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。

M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

お電話でのお問合せ 03-6279-0596(土日祝日除く)