ディスクロージャー


ディスクロージャー(Disclosure)とは、企業が株主や投資家をはじめとするステークホルダーに対して、その経営状況や活動実績を広く開示することをいいます。

日本のディスクロージャー制度においては、まず金融商品取引法や会社法により、有価証券報告書や有価証券届出書などの開示が義務付けられています。

そして、上場会社においては、証券取引所の規則等により、適時・適切な情報開示を求める「タイムリー・ディスクロージャー」が要請されています。

また、企業が自主的に行うIR活動などもディスクロージャーの一つと言えます。

ディスクロージャーには、企業の経営活動を迅速、正確かつ公平にステークホルダーの伝えることで、会社の信頼性を高める効果があります。

特に上場会社においては、自社株式の価値向上のためにも、投資家やアナリストに対して充実した情報提供やコミュニケーションを行い、積極的なディスクロージャー体制を構築することは極めて重要となります。


この用語の同カテゴリーの用語