基本合意書


基本合意書とは、対象会社と買収企業の希望する「基本的な条件」がおおむね固まったときに交わす合意書のことです。

合意書には、譲渡価格、買収対象の範囲、M&Aの実行予定日や有効期限、独占交渉権、秘密保持や買収監査の事項などが定められます。

基本合意書を取り交わすことによって、M&Aに向けた最終的なプロセスを踏んでいくことになります。
基本合意を結ぶ段階で条件面をしっかりと定めておかなければ、問題の先送りとなってしまい後々のトラブルの原因を生み出しかねません。

基本合意書の内容はさまざまであり、特段決まりきったルールがあるわけではありません。
双方の企業が納得をする形で進めていくことになります。

一部の条項を除くと「法的な拘束力」はないのですが、合意書を作成するにあたっては法務の専門家と協議する必要があり、双方の企業の文化や風土も考慮しながら細かな点まで定めていきます。

基本合意書にもとづいて、両社が「しっかりと合意形成を図りながら」誠実にプロセスを踏んでいくことが求められます。


この用語の同カテゴリーの用語