レーマン方式


レーマン方式とは、ドイツの経営学者レーマンの学説を用いたものであり、「成果配分方式」のことを指します。
一般的には賞与などを決める際に用いられています。

M&Aにおけるレーマン方式は、M&Aアドバイザーに支払う報酬額を決めるときに用いられます。
M&Aアドバイザーに支払う費用は成功報酬が大半を占めるため、選任する際にはその報酬額が気になるものです。

基準数値 報酬料率 (例)基準数値 7億円の場合

2,500万円+800万円=3,300万円

100億円超 1%
50億円超100億円までの部分 2%
10億円超50億円までの部分 3%
5億円超10億円までの部分 4% 2億円×4%=800万円
5億円までの部分 5% 5億円×5%=2,500万円

 

■ 基準数値とは

成功報酬額の元になる「基準数値」は、M&A仲介会社によって異なります。

主に2つの基準が採用されており、「移動総資産」もしくは「譲渡金額」です。

弊社は、「譲渡金額」を採用しております。

■ 移動総資産と譲渡金額の比較

【例】A社の資産状況

総資産5億円

総負債4億円

純資産1億円

譲渡金額=純資産の場合

基準数値 料率

他社

(移動)総資産方式

基準数値は、総資産の5億円

弊社

譲渡金額方式

基準数値は、譲渡金額の1億円

100億円超 1%
50億円超100億円までの部分 2%
10億円超50億円までの部分 3%
5億円超10億円までの部分 4%
5億円までの部分 5% 5億円×5%=

2,500万円

1億円×5%=

500万円

 

 

上記のとおり、レーマン方式を用いた成功報酬の算出では、その基準が「(移動)総資産」か「譲渡金額」であるかで、M&A会社に支払う費用が異なってきます。M&A会社を選定する際は、十分にご注意ください。

(移動)総資産方式を採用するM&A会社の場合、譲渡金額1億円の25%を占める金額を手数料として支払うことになります。さらに、税金も引かれますので、「手取り額がいくらになるか」事前にM&A会社に、算出方法を確認することが重要です。

この用語の同カテゴリーの用語