MBOとMBIとLBOの違いとは


MBO(Management Buy-out)

 

MBOとは、マネジメントバイアウトのことで、Management Buy-outから取っています。

MBOとは企業買収のひとつの形態を指すもので、事業の継続を前提に、対象となる企業の経営陣などが出資して事業の部門や株式を取得する方法です。

しかし、実際には経営陣だけで資金を調達することは難しい場合が多くみられます。 ファンドの協力を得るなどの対策がとられることがあります。MBOは、投資家が株式市場で短期的な利益にとらわれることなく長期的な考え方で経営をし、柔軟性を重視した経営戦略や企業価値を上げていくことが、目的として行われるのが一般的です。

MBOに関連した用語にMBOファンドがあります。 MBOファンドとは、MBOを目指す企業に対して投資を行うものです。

対象となる企業にMBOのために必要な資金の提供を行います。 MBOが完了して企業の価値が十分に上がってから上場をさせたり、新たな投資家へ売却したりして利益を得ます。

MBI(Management Buy-in)

 

MBI(エム・ビー・アイ)とは、Management Buy-in(マネジメントバイイン)の略で、業績が低迷している企業に外部から経営の専門家を送り込んで再建させ、キャピタルゲインなどの利益を得るM&A手法のひとつです。

通常、買収企業は再建後に株式等を売りに出し、利益を確定させます。企業自体にはブランド力や技術力があるにもかかわらず、優れた経営陣に恵まれていない場合に有効な手段です。

同様にM&Aの手法であるMBO(Management Buy-out)では現経営陣が経営権を獲得するのに対して、MBIは外部から会社内へ人を入れる(“in”)ことに特徴があります。どちらが適切かはケースバイケースです。

ただし、優秀な経営者を確保することの困難さや企業への帰属意識が高い国民性からは、国内の企業についてはMBOのほうが有効だとの見方が有力です。

会社再建以外の目的では、子会社を独立させる場合にもMBIの手法は用いられます。

また、数は多くはありませんが、事業承継目的でMBIを用いることもあります。

LBO(Leveraged Buy-out)

 

LBOとは(Leveraged Buy-out)、M&Aの買収者が被買収会社の株式や資産または将来のキャッシュフローを担保として、買収資金の融資を受けておこなうM&Aの手法を指します。

レバレッジドバイアウト(LBO)は、PBファンド最大手の一角であるKKRの創始者ジェーローム・コールバーグが開発した手法といわれています。買収を行う者が買収のための特定目的会社(SPC)を設立し、そのSPCが対象となる会社の資産やキャッシュフローを引当てとして金融機関などから借り入れを行います。
そして、対象となる会社の株式を全部取得した後にSPCと対象会社を合併し、SPCの借入金を返済する手法などがあります。

この用語の同カテゴリーの用語