シナジー


シナジー(相乗効果)

シナジーとは、「相乗効果」と訳され、複数の要素が組み合わさることによって単体以上の効果が生み出されることをいいます。

M&Aを用いた経営戦略を選択する大きな理由の1つが「シナジーの享受」であり、対価には将来のシナジーが織り込まれていることが一般的です。

M&Aで期待できるシナジーにはさまざまなものがあります。

売上シナジー・・・譲渡対象会社においては、大手企業の子会社になることによりブランド力による顧客増加、販売単価上昇

コストシナジー・・・店舗の統合による経費削減、生産物流の効率化に伴う原価削減、共同研究によるR&Dコスト削減

アセットシナジー・・・工場設備の稼働率向上、棚卸資産の回転率向上、信用力の増大に伴う資金の安定

そのほかには新規顧客の獲得に物流などの拠点拡大や、人材の有効活用など多岐に渡ります。

企業と企業が組み合わせられることで得られるシナジーはどんな業種かによっても異なり、質の高いシナジーを得るには、対象となる企業が自社のどの部分でプラスになるのかを見極めることが必要です。

同業の場合であれば、さらなる業務の拡大や取得できていなかった権利を得ることが期待できるでしょう。

異業種の場合なら新規事業への参入を果たしやすいというメリットがあります。

一方で、評価や期待が過剰になってしまうと企業価値の低下を招く危険性があることも念頭に置く必要はあるでしょう。

シナジーをいかに正確に算定し、対価に反映させるかがM&Aの成否にとって重要なのです。

この用語の同カテゴリーの用語