修正簿価純資産


facebook/twitterでシェア

修正簿価純資産

 

修正簿価純資産とは、決算書上の帳簿価額(簿価)の純資産を修正した価額を表します。

譲渡対象会社をコストアプローチと呼ばれる方法で評価する際に、修正簿価純資産の価額を用います。

 

修正簿価純資産の算定には、土地や保険などのように時価評価されていない項目を「時価」に置き換える作業をおこないます。

実務上の論点としては、時価とは何か、必ずしも明確ではなく、各案件毎に「時価」を定義することが求められます。

 

なお、貸借対照表(バランスシート)上に、オーナーの個人的な資産が計上されている科目の処理によっては税金が異なりますので注意が必要です。

 

詳しくは、こちらの記事をご覧くださいませ。

「M&A前後におけるオーナー資産の処理に関する税務上の留意点」

 

 

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。

M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

お電話でのお問合せ 03-6279-0596(土日祝日除く)

この用語の同カテゴリーの用語