ノンリコースローン

ノンリコースローン

 

ノンリコースローンとは、借入会社そのものではなく何らかの特定の資産を引当にして行われる資金調達のことです。

実際の方法としては、借入会社とは異なる別の法人としてSPCを設立し、そこを借入先として融資を受けるというものが多くみられます。

ノンリコースローンは、一般的なローンでいうと担保以上の返済に責任を負う必要がないというものです。
債務者が返済不能な状態に陥った場合、融資の際に設定した担保を差し出すことで債務そのものの返済が完了したとみなされます。

例えば事業融資なら、企業が所有する物件などを担保として借入していた場合、返済ができなくなったときに担保の物件を債権者に差し出すことで債務がなくなることです。
通常であれば、担保を差し出しても残債がまだある場合は返済しなければいけません。

しかし、ノンリコースローンの場合は借入の際に設定していた担保さえ出せば、差額が出てしまった場合でも残債の返済は負わないという性質があります。

ノンリコースローンとは、借入会社そのものではなく何らかの特定の資産を引当にして行われる資金調達のことです。

実際の方法としては、借入会社とは異なる別の法人としてSPCを設立し、そこを借入先として融資を受けるというものが多くみられます。
ノンリコースローンは、一般的なローンでいうと担保以上の返済に責任を負う必要がないというものです。
債務者が返済不能な状態に陥った場合、融資の際に設定した担保を差し出すことで債務そのものの返済が完了したとみなされます。

例えば事業融資なら、企業が所有する物件などを担保として借入していた場合、返済ができなくなったときに担保の物件を債権者に差し出すことで債務がなくなることです。

通常であれば、担保を差し出しても残債がまだある場合は返済しなければいけません。

しかし、ノンリコースローンの場合は借入の際に設定していた担保さえ出せば、差額が出てしまった場合でも残債の返済は負わないという性質があります。
 

この用語の同カテゴリーの用語