買収監査/DD


買収監査

 

買収監査とは、買手企業がM&Aを行うにあたって対象となる企業を財務や法務、ビジネスなどの面で多角的に評価する手段のことを指します。
※ デューデリジェンス【Due Diligence を略してDD(ディーディー)】と呼ばれます

弁護士や公認会計士、経営コンサルタントなど専門家の協力を得て行うのが一般的です。

買収監査は双方の企業が基本合意契約を締結してから本格的に行います。

これは、企業が独自に保有する情報の漏えいを防ぐためだといえるでしょう。

具体的な作業としては、財務諸表や各種契約書の精査、事業の将来性や財務状況などを確認します。

また、給与体系や人事の慣習、税務面など、M&A実施後に支障となりそうな事項について検証を重ねていきます。

買収監査によって特に問題がなければ、M&Aの最終契約に進んでいくことになります。

買収監査にかかる時間は企業の規模や調査範囲によってさまざまですが、M&Aの事実を従業員に知られないために休日に行う場合もあります。

買収監査を行うことによって買収に伴うリスクを減らし、最終的な買収価格の決定に役立てるのが目的です。

【関連記事】デュー・デリジェンス(DD)の分野別ポイント
【関連記事】デューデリジェンス(DD)の目的・種類・実施に関するポイント

 

必見!X年後のM&Aに向けて譲渡価格を高めるための3つのポイントとは?

 

この用語の同カテゴリーの用語