割引率


割引率

 

割引率とは、将来のキャッシュを現在の価値に換算する1年当たりの割合を意味します。
M&Aの場面では、将来的なキャッシュフローにもとづいて長期的に投資をすることによって得られる効果を求め、企業価値を測るときに用いられます。

割引率を使用して企業価値を計算するときには、WACC(加重平均資本コスト)と呼ばれる方法を使います。
株主資本と負債資本のコストを加重平均して算出する方法です。

会社や事業を手放す譲渡企業の側からすれば将来的な利益を手放すわけですから、買収価格にきちんと反映させてほしいという心理は少なからずあるものです。
また、買収をする側の企業も将来的な収益に対して買収金額を支払うといえます。
企業価値を正しく算出することは、M&Aをする側とされる側双方にとってメリットのあることだといえます。


この用語の同カテゴリーの用語