【株式投資指標】PER・PBR・ROE


PER

PERとは、Price Earnings Per Share Ratioを略した言葉で、株価収益率のことです。 一株当たりが何倍の利益を出しているかを測るときに使う指標のことをいいます。

PERを導く一般的な計算方法は、一株当たりの株価を一株当たりの利益で割るという簡単なものです。 PERに関連した定義には、株価純資産倍率を指すPBRがあります。

PERが用いられるのは、企業の価値がどれくらいあるのかを測るときなどです。 ほかには、対象企業の株価が市場平均やほかの企業のPERと比較してどれくらいの水準にあるのかを判断するときにも用いられます。

対象企業のPERが同業他社のなかで割高な位置にあるのか、または割安なのかを見ることができます。 企業としての価値や他企業との比較などに活用すれば対象企業の注目度を知ることができ、その業界での総合的な評価の参考になります。

最終的にはその企業に投資すべきかどうかの判断につなげるのが一般的な活用方法です。

PBR(Price Book-Value Per Share Ratio)

PBRとは、株価が一株当たりの純資産の何倍になっているかを測るための指標のことです。

一般的には、一株当たりの株価を一株当たりの純資産で割ったもので示されます。

PBRはPrice Book-Value Per Share Ratioから取ったもので、株価純資産倍率ともいわれています。

PBRは、その企業に投資するかどうかの意思を決定するときの判断材料のひとつに用いられることがあります。 また、企業価値を測定する際にも利用されることもある指標です。

PBRが1倍になったときには解散価値に等しいと考えられ、それより下回ったものは割安株として扱われることになります。 一般的に1倍より下になった場合には、事業を続けていくより解散することのほうが投資家にとっては利益につながるという考えがされます。

しかし、PBRが低い数値の場合であっても、企業として魅力的な事業や資産がある場合には購入するには良い機会と考えられることもあります。

ROE(Return On Equity)

ROEはReturn On Equityの略で、自己資本利益率のことです。 ROEは純利益を自己資本で除して求めることができます。 ROEは、企業が自己資本をいかに効率的に運用しているのかということを示す指標です。

ROEは売上高利益率、総資産回転率、財務レバレッジの3つに分解することができ、このうち売上高利益率は営業の効率性、総資産回転率は資産の効率性、財務レバレッジは負債と資本の構成を計る指標となります。

ROEを上げるには、この3つのいずれかを上げることが求められます。 売上高利益率であれば利益率の高い製品の開発、総資産回転率であれば遊休資産の売却、財務レバレッジであれば借入れなどの他人資本を増加させるといった行為が、ROEを上げるための手段として考えることができます。

この用語の同カテゴリーの用語