CAPM

CAPM(Capital Asset Pricing Model)

 

CAPMとは「資本資産評価モデル」のことで、Capital Asset Pricing Modelの頭文字から取っています。

株主の資本コストを計算するには、CAPMのモデル式にマーケットリスクプレミアム、リスクフリーレート、そして個別株式のベータを推定して代入します。
CAPMは株主の資本コストを推定するために用いられるものです。

CAPMのモデル式はKe=Rf+β×(Rm-Rf)で、βは個別株式のリスクの尺度になります。
このβの値が高いものほど、ハイリスクハイリターンという考えができます。投資することでどれだけの還元率があるのか、どれだけのコストでどこまで利益を得られるかということに関心が高い投資家は多いでしょう。

資本コストやリスクを推定する場合にCAPMは使われます。
モデル式にある(Rm-Rf)はマーケットリスクプレミアムのことで、リスクのある投資の場合にどの程度の追加収益率が期待できるのかを示すものです。
 

この用語の同カテゴリーの用語