相続


相続

 

相続とは、所有者が亡くなった後に土地や建物といった資産や預貯金などを引き継ぐことをいいます。
または権利や義務などを継承することです。

相続するにはその内容に見合った相続税の納付が義務付けられています。
相続は資産などのプラスになるものだけでなく、借入に対しても引き継がなければなりません。
企業における相続のひとつは、事業を継承することです。後継者としての適任者がいる場合には適切な手段を踏んで事業を継承させ、会社を存続させることができます。

中小企業などの場合で事業継承を見込める人材がいない場合には、M&Aを選択するのも解決策のひとつです。
特に高い技術や特許などを有している会社や、業績が良く健全な経営が維持できている会社などは、後継者問題で会社を閉鎖するという事態を回避できます。

経営面での条件や事業内容に魅力的な要素がどれだけあるかということで左右されますが、社員の雇用を守られるというメリットもあります。

この用語の同カテゴリーの用語