スタートアップ


facebook/twitterでシェア

Photo by Austin Distel on Unsplash

スタートアップ

 

スタートアップの意味は、日本語に訳すと「行動開始」「動き始める」ですが、ビジネスに当てはめると、「アイデアベースの段階でチームメンバーが動き始める(ビジネス)」です。

アイデアが浮かんでチームを集めた発起人を「ファウンダー(Founder」と呼びます。

 

日本では、まだ言葉の定義が明確ではなく、「スタートアップ企業」と「ベンチャー企業」の違いが曖昧になっているケースがあります。

 

「ベンチャー企業」は和製英語であり、本来「Venture(ベンチャー)」は「投機的な」を意味しており、「投資家(Venture Capital等)が投機的な段階で資金を投じた企業」です。

 

「スタートアップ企業」は、「社会的なイノベーションや社会貢献を目的としたビジネスアイデアを共有するチームメンバーが、すばやくプロジェクトを実行し続ける企業」です。

 

よって、投資家から資金調達をしたベンチャー企業のうち、「イノベーションや急成長を目的としアイデアベースでプロジェクト/プロダクト開発を進める組織体」をスタートアップ企業と呼ぶことが正しいと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。

M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

お電話でのお問合せ 03-6279-0596(土日祝日除く)

この用語の同カテゴリーの用語