コンサルタント紹介

想いを実現するために シニアM&Aコンサルタント 中島 大輔

中島 大輔

M&Aの意味を一緒に考える

中島 大輔

中小・中堅企業の事業戦略においてM&Aが普及しつつある昨今、M&Aが目的化している方もいらっしゃるように感じています。もちろん、多様なメリットを享受できる手段ではありますが、M&Aは課題解決の手法の一つです。企業・オーナー様にとって、「何を」実現するために「どのような課題」があるかを一緒に整理させていただいたうえで、M&Aのスキームや相応しいお相手、実行時期等のご提案を行うようにしています。売り手様・買い手様・オーナー様の三者にとって「三方よし」を実現できるよう、伴走して参ります。

「会社畳まなくて済んで本当によかった」

私が初めてM&Aのご支援をさせていただいた時に、売り手様の女性役員が仰った言葉です。その方は、大病を患った社長に代わり、会社を引っ張ってこられていましたが、株の買取り負担が大きいため承継を考えておらず、さらに業績低迷もあり会社存続について悩まれていました。廃業を不安視する従業員もいらっしゃいました。しかし、M&A後は買い手様によるサポートの結果、その女性役員の方が社長へ昇格したり、買い手様のグループ会社との連携で周辺事業へ拡大し収益改善を図ったり、福利厚生の改善の結果辞めた従業員が戻ってきたりしている状況です。従業員の方から「(女性役員の方が)頑張ってM&Aを成立させてくれたから、自分たちは安心して働ける」と感謝されたと伺い、本当にご支援が叶ってよかったと強く感じています。

M&Aは将来の選択肢に入っていますでしょうか?

自社にとってM&Aが選択肢になりうるかどうかは、ぜひ専門家にご相談ください。M&Aは課題解決の手段ではありますが、お相手があっての話です。お相手選びに困らないと考えられている企業様でも、適正条件を提示してくれるお相手、または今後の事業展開上相応しいお相手が現れるかどうかは慎重な検討が必要とされます。M&Aの専門家にご相談いただければ、自社のM&Aの実現性が高いかどうかが判断いただきやすくなるかと思います。ぜひご用命ください。

中島 大輔 一覧へ戻る