Photo by Brooke Cagle on Unsplash
previous arrow
next arrow
Slider

美容業界のM&Aニーズ

 経営承継支援の美容業界M&Aチームでは、美容室を始め、ネイルサロン、エステやコスメ関連事業(ECサイト、化粧品製造)のM&A、事業譲渡における支援をおこなっております。

 

美容室の市場規模は1兆5,000億円前後を推移し、毎年規模は▲0.3~0.4%の緩やかな減少となっております。

その一方、事業者の数の伸び率は1.3~1.7%と増加しており、2018年には、25万者を超えております。

 

この背景には、IT化等が進み、少人数規模でも独立しやすくなっているといえます。

しかし独立後、思うように美容師の採用ができなかったり、集客に苦戦し、売上が伸びずにM&Aを検討する美容師オーナーも少なくありません。

 

オーナー美容師がM&Aで事業を譲渡する理由はさまざまです。

 

① 個人的な理由により、県外に引っ越すことになった

② 複数店舗のうち、1店舗のみ距離が離れてマネジメントしづらい

③ 後継者がいない

 

 

 

今後のオーナー美容師の経営戦略次第ではございますが、以下の①の場合は、M&Aが有効です。

 

① 経営権を譲渡して、引退もしくは美容師として継続して働きたい。

 

② 店舗物件として譲渡したい。