中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

事業継承・M&A支援の手順と流れ

事業承継・M&A支援の流れ

事業承継・M&A支援の全体像

当社は、後継者問題に悩む中堅・中小企業の社長に対して、ワンストップで事業承継・M&Aのご支援を行っています。

STEP1「個別無料相談」・「事業承継・M&A無料診断」サービス(秘密厳守)

後継者問題や事業の将来不安等でお悩みの場合、お電話(03-6279-0457)または、お問い合わせフォームから当社にご連絡ください。

ご面談またはお電話により、社長の事業承継・M&A(会社譲渡)についてのご意向・お悩みについてお伺いし、どのような選択肢・解決案が考えられるかアドバイスさせていただきます。当然、秘密は厳守いたします。

事業承継・M&A(会社譲渡)に関し、
「何から手を付けてよいかわからない。」
「ある程度考えはあるが、問題点がないか確認したい。」
「M&Aについて検討を進めたい」
のお悩みで事業承継・M&Aの準備を進めたいとお考えの社長は、「事業承継・M&A無料診断」サービスをお勧めします。「事業承継・M&A無料診断」サービスの内容はこちら

「事業承継・M&A無料診断」サービスは

お電話または、お問い合わせ・セミナー申込みフォームから
お申込みください。

03-6279-0457【受付時間】9:00~18:00(土日祝除く)

お問い合わせフォーム

STEP2詳細検討・実行支援(①事業承継コンサルティング・②M&A支援)

当社は事業承継対策(①経営の承継対策、②資産の承継対策)に関し、ワンストップでサービスをご提供します。「事業承継コンサルティング」の内容はこちら

社長がM&A(会社譲渡)をご決断された場合、当社はM&A(会社譲渡)成功に向けて、全力でご支援させていただきます。「M&A支援の流れ(譲渡企業)」はこちら

①事業承継コンサルティング

事業承継対策は、
①会社に関する「経営の承継対策」
②社長個人の「資産の承継対策」
の2つに大別されます。

それぞれの主な課題は次のようなものが挙げられます。

①経営の承継対策

  • 事業承継方法(①親族承継、②役員承継、③M&A(会社譲渡))の検討・決定
  • 後継者の選定・育成(M&Aの場合は承継先となる買収企業の選定と会社譲渡)
  • 資本政策(自社株の移転・集約)
  • 承継体制(経営管理体制)の構築・整備

②資産の承継対策

  • 相続税対策(①自社株評価引き下げ、②納税資金確保)
  • 「争族」防止(遺言作成、家族報告会開催)

当社では、事業承継対策に関する多数の専門家(弁護士・公認会計士・税理士・中小企業診断士等)と幅広いネットワークを構築しており、社長のご意向に合わせて最適なコンサルティングを行っております。

②M&A支援の流れ(譲渡企業)

譲渡企業(社長)に対するM&A支援を行う際の一般的な流れは次のとおりです(個別事情に合わせて最適な進め方を検討しアドバイスさせていただきます。)

STEP1必要資料のご準備

M&Aを行うに際して、初期的に必要な資料の一覧をご案内いたしますので、可能な範囲でご準備をお願いします。

M&Aの検討が進むにつれ、M&Aの買収候補企業からの要望に応じて、追加資料のご準備が必要となります。

STEP2M&A仲介契約の締結

社長と当社との間でM&A仲介契約の締結をお願いいたします。M&A仲介契約は、当社のサービス内容や報酬等について定めたものです。当社の報酬体系は「完全成功報酬制」となっており、着手金や月額報酬は発生いたしません。

譲渡企業の報酬体系はこちら

STEP3M&A戦略の検討

社長のご意向やM&A診断の結果を踏まえ、M&A戦略(売却希望条件、買収候補企業のリストアップ、M&A推進方針等)について検討を行います。

M&A戦略について、社長としっかり協議し、買収候補先企業への打診を開始します。

STEP4買収候補企業への打診・協議

当初の打診は、社名をはじめ貴社(譲渡企業)を特定できる情報を伏せた簡易な概要書(ノンネームシート)を用い、関心を示した買収候補企業から秘密保持確約書を受領後、貴社名および資料の開示を行います。

買収候補企業に、社長の売却希望条件をしっかりお伝えし、譲渡価格をはじめ基本的な取引条件について協議・調整を行います。また、有力な買収候補企業とはトップ面談を設定し、直接、トップのお人柄、M&A後の運営方針等に対するお考えを直接ご確認いただきます。

STEP5基本合意

M&Aの基本的な取引条件(M&A価格、取引形態、スケジュールその他)が固まった段階で、それらを確認するための基本合意書を締結します。

STEP6買収監査(デュー・ディリジェンス)

買収候補企業や買収候補企業が選任した公認会計士・税理士、弁護士等による事業、財務、法務等に関する調査を受けていただきます。

STEP7最終契約書の締結・譲渡の実行

M&Aに関するすべての取引条件について最終的な調整後、最終契約書(株式譲渡契約書等)を作成・締結します。

当該最終契約書に基づき、M&Aの実行(株式譲渡等と資金決済)を行います。

STEP8業務引き継ぎ

買収企業と合意した一定期間(通常半年から1年程度)、円滑に事業が承継されるよう業務の引継ぎを行っていただきます。