中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

証券業界のM&A動向

証券業界のM&A動向

証券業界のよくある悩み・ニーズ

世界金融危機やリーマンショックなどによって、多くの金融商品が大幅に下落し、大打撃を受けた証券会社も少なくありません。その影響により、証券業界では世界的に規制を強化する流れとなり、大きな収益を期待できなくなってしまったのです。そのようなことから、顧客数を増やすための営業力を強化して対応するというニーズが出てきています。また、海外企業との取引機会も増加傾向にあり、語学力の高い人材をどのように確保するのかといった悩みを抱えている証券会社も多いのです。

 

証券業界における動向・トピックス

証券業界の動向ですが、2007年から2008年にかけて一旦規模が大幅に縮小してしまいました。2007年には世界金融危機、2008年にはリーマンショックが立て続けに起こり、多くの人が取引を控えるようになったためだと考えられます。その後、証券業界の規模はしばらく伸び悩みを続けましたが。2013年以降、アベノミクスの影響により規模が増加して安定した状態になってきています。

2000年代以降、インターネット専用証券会社の増加により、証券業界では競争が一段と激化するようになりました。各証券会社は、顧客の金融商品取引から得られる手数料を引き下げて、価格破壊が起こってしまう状態となったのです。さらにFXもレバレッジ規制がなされた影響で、取引量が低下しています。そのような状況を打開するには、顧客を増やさなければなりません。したがって、営業支援ツールを導入したり、複数の部署の人がチームを組んで営業したりして、効率化を図っているのです。

また、預かっている資産額に応じて手数料収入を得る証券会社も目立ってきています。株式や投資信託などの金融商品だけではなく、保険、不動産関係、相続や事業承継コンサルティングなどサービス内容の幅を広げている証券会社も少なくありません。

 

証券業界でM&Aをすることのメリット(譲渡側)

規制の変化に伴う業務の多様化、グローバル化などが求められる証券業界の中で、そのような流れに対応できない証券会社は少なくありません。また、証券業界の競争激化によって、経営不振に陥ってしまった証券会社もあります。このような場合は、M&Aによって、他の企業へ自社株式や事業を売却して対応することが考えられます。そこで譲渡側の証券会社が、M&Aで自社株式や事業を売却するメリットとしてどのようなことがあげられるのでしょうか。

大規模な企業に買収してもらうことで、人材確保や業務の多様化への対応が可能となります。例えば、海外各地で営業を展開している企業とM&Aを行えば、語学力の高い人材確保が可能となります。また、不動産や保険などの事業を行っている企業の傘下に入れば、そのノウハウを享受できるでしょう。

また、従業員の雇用の安定を図れるのもメリットの一つです。証券業界の複雑化に対応できなくて、経営不振に陥ってしまう証券会社も少なくありません。このような場合、廃業してしまえば、従業員全員の雇用が失われてしまいます。しかし、他の企業に買収してもらうことで、従業員全員の雇用を守ることが可能です。さらに買収する企業の経営基盤がしっかりしていれば、従業員は安定した環境で仕事ができます。

 

証券業界でM&Aをすることのメリット(譲受側)

世界金融危機やリーマンショックが起こった2007年から2008年以降、証券業界ではM&Aが活発に行なわれました。それ以降も証券業界では、M&Aによる買収が目立ちます。そこで、証券業界でM&Aによって買収する側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず顧客を短期間で大幅に増やせることがあげられます。今後の証券業界では、特定の顧客だけから高い収益を得ることはあまり期待できません。そのため、顧客数を増やすことで収益を大きくすることが求められます。買収対象の企業の顧客をM&Aによって引き継げるので、一度にその数を増やせるのです。

それから、トータルなサービスを提供できるようになるのも大きな理由です。証券業界で生き残るには、金融商品関係だけではなく、不動産、保険なども含めた総合的なサービスの提供が求められます。違う業種の企業とM&Aを行えば、複数の業務に対応できるようになり、そのようなことが実現できるようになるのです。大手の銀行は証券会社をM&Aによって買収し、総合的な金融サービスを提供するようになっています。

 

証券業界のM&Aのポイント

証券業界でM&Aを行う場合、買収する対象業者の選別がポイントとなるでしょう。その基準はいくつかあるので、これらを参考にしながら企業を選別していくことが大切です。

証券業界では複数の業務に関するサービスを提供可能にするため、M&Aを活用する企業も少なくありません。そのためには、買収対象となる企業の行っている業務を見定めることが大切です。たとえば、証券業務を行っている企業が、不動産関係の業務を取り入れてサービスをしようと考えていたとします。このような場合は、不動産業のノウハウを持っているか否かを考慮して、買収対象の企業を選択するとよいでしょう。

また、証券業界では、顧客数を増やすためにインターネットを活用することも求められてきます。インターネットを活用すると効率的に情報を提供できるので、顧客獲得につながる場合が多いからです。そのようなことから、インターネット関連事業を行っている企業を買収するのも一つの方法だと言えるでしょう。

また、株主、取引先などM&Aによって大きな影響を受ける利害関係者の調整もポイントになります。買収対象の企業の株主がM&Aに難色を示していると、手続きがなかなか進みません。取引先の中には、買収先の企業だからこそ継続的なお付き合いをしてきたという場合もあるでしょう。このような取引先が存在する場合は、M&Aについて理解してもらう必要が出てきます。

規制強化や業務の多様化など変化が著しい証券業界では、今後もM&Aを活用して生き残りを図る企業が増えることが予想されます。

 

後継者難に悩む中堅・中小企業の経営者様M&A(会社譲渡)を検討中の経営者様へ 事業承継の悩みを一掃! 「事業承継・M&A無料診」サービスはこちら