中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

スーパーマーケット業界のM&A動向

スーパーマーケット業界のM&A動向

スーパーマーケット業界のよくある悩み・ニーズ

景気低迷により消費者の節約意識が高まり小規模スーパーマーケットの売り上げは減少傾向にあります。大手企業では、独自の商品流通経路の確保や安価で品質の良いPB商品の拡大を図ることで、中小企業とは逆に売り上げを伸ばしているのが特徴です。経営格差が激しくなっていくなかで、大手企業の傘下に入り自社の経営を確かなものにしたいというニーズが中小企業全体を取り囲んでいます。また、スムーズに売却されるのか、買い手がつくのかという点が、M&Aにおいて中小企業が抱える大きな悩みとなっています。

 

スーパーマーケット業界における動向・トピックス

消費者の節約意識が強まったことによりスーパーマーケット市場は過剰なまでの価格競争に陥っています。大手企業では積極的にPB商品の開発に取り組むことにより、低価格で高利益を打ち出す戦略で経営を安定。それだけに留まらず、さらなる事業拡大を目指し都心部を中心に駅周辺や繁華街などへの出店を加速し店舗数を増やす動きを見せています。

また、小型店舗を増やすだけではなく、手軽で簡単に商品を購入できることから利用者が増えつつあるネットスーパーにも力を入れているため、経営格差は大きく開き中小企業は規模縮小を余儀なくされています。中小企業では、経営悪化を防ぐ目的や事業安定のために大手企業との合併を希望する会社が増えつつあります。結果的に、スーパーマーケット業界のM&Aは激化しているといってもよいでしょう。

また、販売業界ではローコストでの経営を実現したディスカウント業界が軒並み業績を伸ばしていることが注目を集めています。食品の品質を落とすことなくローコスト&高利益を確立できる企業が勝ち残ると見られ、M&Aがより重要視されているのです。

 

 

スーパーマーケット業界でM&Aをすることのメリット(譲渡側)

メリットは従業員の雇用維持と事業経営の不安解消が大きな部分です。スーパーマーケット業界では、年々店舗数が増加しているのに対し、従業員数がマイナス傾向なのが特徴です。中小企業では人件費抑制が主な課題となっており、M&Aにより雇用維持が確立されるのは事業安定にも大きく貢献するといえます。また、大手企業との合併によりスケールメリットを得ることができるため、ローコスト&高利益が実現可能になります。安定した経営と市場規模の拡大は経営不安による悩み解決に役立ちます。大手企業が打ち出す低価格&良質なPBブランドの販売により、知名度を上げ集客率アップも見込めるようになるでしょう。M&Aによって大手企業の経営方針などのノウハウを吸収してさらなる発展を目指すこともできます。経営不振に苦しんでいた企業では清算の回避にも繋がるため、M&Aは大きなメリットになるといえます。M&Aをすることによって雇用と事業の安定&確保が確実といえるものになるわけですが、そこからさらに事業の発展も確かなものになるのです。また、後継者問題も解決できるため、後継者がいなくてリタイアができないと悩んでいた企業にとってもM&Aは重要なものといえるでしょう。

 

スーパーマーケット業界でM&Aをすることのメリット(譲受側)

譲渡側で説明した大手企業から得るノウハウの吸収ですが譲受側にも同じメリットがあるということがいえます。それと同時に、合併による新規の顧客&優秀な人材の確保が見込める上に、新たな経営方針の導入などにより会社及びスタッフの成長スピードが飛躍的な進歩を遂げます。自社の戦略と買収した企業の戦略を掛け合わせて今後の方針を決めることができるため、市場規模の拡大アップは確実なものとなります。また、事業拡大により原価やコストダウンを実現できるので譲渡側同様スケールメリットを得ることができます。売却する側では雇用確保が大きなメリットとなりますが、買収する側では低コストで物件や人材確保が可能になるため、流通を経済的かつ円滑に働かせることが可能になるといえるでしょう。大手企業は主に都心部や人工が多い地域に集中して店舗数を伸ばしているため、地方に数が多い中小企業を買収することで店舗の地域を拡大。まだ出店していない地域への進出も目指せます。それによってドミナント戦略も充実したものになるので、効率の良い経営戦略を打ち出すことができるようになるでしょう。

 

スーパーマーケット業界のM&Aのポイント

M&Aをする上でもっとも重要なのは、買収する側のチェックポイントを把握しておかなくてはならないということです。M&Aを検討していて、売却されるかどうかについて悩みを抱えている企業経営者は、これを把握することでその悩みは解消されるでしょう。まず、組織的なことについてですが、本部から各店舗のスタッフ隅々にまでコミュニケーションがきちんととれているか、本部の経営方針が徹底して行われ顧客のニーズに対応した商品の仕入れができているかなどがあります。経営体制では明確な予算管理とロス削減による効率化、接客レベルが一定水準に達しているかなど。店舗設計では地域の特徴に合った品揃えができているかなどがポイントとなります。スーパーマーケット業界では、市場縮小を避けるために大手企業との経営統合による買収は珍しいものではなくなっています。M&Aの激化により、企業拡大による人材の確保やスケールメリットが確かなものとなる企業を買収するのが特徴です。スーパーマーケット業界のM&Aでは、大手企業の買収による動向把握がもっとも大きなポイントと言えるでしょう。

後継者難に悩む中堅・中小企業の経営者様M&A(会社譲渡)を検討中の経営者様へ 事業承継の悩みを一掃! 「事業承継・M&A無料診」サービスはこちら