中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

不動産・ビルメンテナンス業界のM&A動向

不動産・ビルメンテナンス業界のM&A動向

不動産・ビルメンテナンス業界のよくある悩み・ニーズ

ビルの清掃や各種設備点検や管理を行う不動産・ビルメンテナンス業は、収益性が安定している反面、不動産市場に大きく影響されるのが特徴です。景気低迷により、不動産取引が減少すると、それに伴って仕事量も少なくなります。不動産市場が低迷した場合、どのように打開していくのか悩んでいる企業も少なくありません。同業他社と差別化を図るのが難しい業界でもあるので、その点をどうにか改善したいという企業のニーズも目立ちます。

 

不動産・ビルメンテナンス業界における動向・トピックス

2008年から2010年くらいまでは、リーマンショックによる不動産市場の低迷が続きました。それにより、不動産・ビルメンテナンス業界の規模も伸び悩む結果となっています。しかし、2011年くらいから新築マンションが多く建てられて、管理戸数の増加に伴い、規模も拡大してきたのです。中国の大型オフィスビルなどからの業務も受注の数が増えた関係で、さらに規模が大きくなってよい状態が続いています。

しかし、不動産・ビルメンテナンス業界の今後の動向は、必ずしも明るいとは言えないでしょう。たしかに、新築のビルやマンションには入居者が集まりますが、既存の物件の空き室率も増加傾向にあるからです。また、賃料価格も減少傾向にあるので、収益を上げにくい状況になっています。

日本国内では、将来的に人口減少が続くと考えられるので、ビル管理業務の受注件数の増加も期待できません。それにより、不動産・ビルメンテナンス業界の規模も縮小していくことが予想されます。したがって、限られた市場の中で、多くの企業が工夫をして経営していかなければならないのです。不動産・ビルメンテナンス業界では、施設を効率的に利用し、資産価値を高める方法を提案するサービスまで提供する企業も出てきています。

 

不動産・ビルメンテナンス業界でM&Aをすることのメリット(譲渡側)

M&Aをしようとしている企業の業種はさまざまですが、その中でも不動産・ビルメンテナンスの事業を売却したいという声が目立ちます。不動産・ビルメンテナンス業を売却するメリットがいくつかあるのがその理由です。

具体的メリットとしては、まず比較的短期間でM&Aの手続きを完了させて、売却資金を手にできます。M&Aによって買収を希望する企業の中には、不動産・ビルメンテナンス業に目をつけているところが多いからです。この業種の買収は水面下でまとまってしまうことも少なくありません。

次に、不動産市場が低迷して、経営が厳しくなってしまった場合でも対処できます。不動産・ビルメンテナンス業を大規模な企業へ譲渡すれば、低迷期の中でも安定した企業経営ができるでしょう。また、株式交換などの組織再編を行えば、親企業による経営サポートをしてもらうことも可能です。

それから、企業の経営者が高齢になり、世代交代を図ろうとしても、後継者が見つからない場合もあるでしょう。このようなときでも、M&Aの方法を活用すれば、企業を存続させられます。

 

不動産・ビルメンテナンス業界でM&Aをすることのメリット(譲受側)

M&Aによって買収しようとしている企業の中には、不動産・ビルメンテナンス業界の中で譲渡をしてくれる企業を探していると考えるところが多くあります。それは、不動産・ビルメンテナンス業界の企業を買収するメリットがあるからです。仕事を受注できれば安定的な収益を見込めるので、買収する企業は、M&Aによって効果的に売上をあげられるようになります。それから、人材確保の面でも大きなメリットを受けられるでしょう。ビルの設備点検や管理業務は、専門的な知識が必要になる場合も少なくありません。不動産・ビルメンテナンス業界の企業の中には、電気関係やビル関係の資格者を求めているところもあります。特に、一定規模以上のビルを管理する際に選任しなければならない建築物環境衛生管理技術者の資格者の需要は高いです。不動産・ビルメンテナンス業界の企業をM&Aによって買収すれば、電気関係やビル関係の資格者も同時に確保できます。

 

不動産・ビルメンテナンス業界のM&Aのポイント

不動産・ビルメンテナンス業界は、人口減少による規模の縮小が避けられないでしょう。既存の業務である清掃、ビル設備点検や管理業務では、企業経営が難しくなると言えます。したがって、ビルのセキュリティ業務やエネルギー消費管理などを含めた総合的なサービスを提供することが求められるのです。不動産・ビルメンテナンス業界の企業をM&Aによって買収する場合、この点を考慮して行うのがポイントになります。

たとえば、不動産・ビルメンテナンス業を行っている企業がセキュリティ業務も提供しようと考える場合、例えば警備会社の買収が考えられるでしょう。また、エネルギー消費管理を行う予定であれば、そのノウハウを持った電力企業が買収の対象として考えられます。さらに、不動産・ビルメンテナンス業とは関連しない飲食業の企業を買収し、管理業務を受注しているビル内で飲食系のサービスを提供する方法も考えられるところです。

このように戦略的な買収を行えば、M&Aによって企業を成長させていけるのではないでしょうか。

 

後継者難に悩む中堅・中小企業の経営者様M&A(会社譲渡)を検討中の経営者様へ 事業承継の悩みを一掃! 「事業承継・M&A無料診」サービスはこちら