中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

定款

定款

 

定款とは、会社の本店所在地や事業内容とその目的に資本金といった基本的なことのほかに、事業を運営するうえで基礎となる規則を決めたものをいいます。

定款は会社を設立するときに作成することが義務付けられているものですが、設立後も必要に応じて内容を変更することが可能です。

定款には、取締役、監査役の設置やそれぞれの規則などのほか、設立の際の出資先に至るまで細かく記されるものもあります。そして、株式に関することなども含まれています。株式については、主に配当や株主総会の開催に関する内容が決められます。

会社法の29条には、会社法の規定による定款に記載されていないものに関しては効力を発揮しないとされており、それを活用して会社を買収から防ぐことが可能です。

会社法の29条では株式の発行に関することや譲渡に関することが触れられていますが、株式の項目について定款に記載する内容を工夫することで防衛策をとっておくことが考えられます。

この用語の同カテゴリーの用語