中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

レーマン方式

レーマン方式

 

レーマン方式とは、ドイツの経営学者レーマンの学説を用いたものであり、成果配分方式のことを指します。
一般的には賞与などを決める際に用いられています。

M&Aにおけるレーマン方式は、M&Aアドバイザーに支払う報酬額を決めるときに用いられます。
M&Aアドバイザーは成功報酬であるため、選任する際にはその報酬額が気になるものです。

レーマン方式をもとに算出される成功報酬の相場は、5億円以下の部分で5%といった具合に定められています。
5億円超~10億円以下の部分なら4%、100億円超の部分なら1%といった相場になっています。

レーマン方式を用いた成功報酬の算出では、その基準が「移動相資産」か「譲渡金額」であるかで大幅に金額が異なってきます。
企業の総資産が総負債を下回る場合には、譲渡金額基準のM&Aアドバイザーを選ぶほうが報酬額を低くすることができます。

どのM&A仲介会社に依頼するかの基準として、レーマン方式を活用することができます。


この用語の同カテゴリーの用語