中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

コベナンツ

コベナンツ

 

コベナンツとは、誓約条項ともいい、契約において当事者がもう一方の当事者に対して定める条項のことです。
ある行為について作為または不作為の義務を課すことを決めます。

もし違反した場合には、契約解除や損害賠償請求などの措置をあわせて定めることが一般的ですが、場合によっては契約終了後のことも定めます。

株式売買の契約においてコベナンツとして定められる具体的な事例は、買主が売主に対して契約締結後からその終了までの間、対象となる会社の通常の営業の範囲を超える行為をしないことを義務付ける条項などが挙げられます。

ほかにも、買主が売主に対して契約締結後からその終了までの間に、対象となる会社が配当などによって会社財産を株主に交付しないことを義務付ける条項などもあります。
また、対象となる会社の資本構成に影響を及ぼす行為を行わないことを定めた条項なども一般的です。コベナンツは円滑な取引や契約の履行を促すための仕組みなのです。

この用語の同カテゴリーの用語