中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

独占禁止法

独占禁止法

 

独占禁止法といわれることが多いですが、正式には「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」という名称で、公正取引委員会が束ねている法律です。

独占禁止法の目的は、公正で自由な競争を促進し、事業者がそれぞれに自主的な判断を元に自由に活動できることとにあります。

M&Aにより市場を寡占化してしまうと、健全な企業間競争が阻止され、需要者が不利益を被るおそれが懸念されます。

そこで独占禁止法では、株式取得、合併、共同新設分割、吸収分割、共同株式移転、事業譲受等による企業結合が一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合に、企業結合規制を設けて、そうした企業結合を禁止しています。

この用語の同カテゴリーの用語