中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

適時開示

適時開示

 

適時開示とは、タイムリー・ディスクロージャーともいわれています。
投資をするかどうかの判断が左右されるような企業の情報を、適時に投資者に向けて開示することです。

開示は証券取引所の規則に則って行われます。適時開示の目的は、市場の安全と公正に対して投資者の信頼を得ることです。信頼を確保することによって、金融商品市場が十分に機能することが重要であると考えられています。

適時開示の規則は証券取引所ごとに決められており、ネット上で検索と閲覧ができるサイトもあります。
開示される情報とは、企業の業務に関することや業績に経営面などが主です。
子会社の情報や上場していない親会社なども含まれます。

投資者が投資のタイミングや投資そのものについて実行するかどうか判断する材料として提供されるものなので、会社の基本的な情報を中心に株価に影響を与える可能性のある内容が適時開示されることになります。
法定開示だけでは不十分な部分を補うのも目的です。

この用語の同カテゴリーの用語