中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

大量保有報告書

大量保有報告書

 

「大量保有報告書(Large Shareholding Report)」とは、上場会社の株券や投資証券を5%以上保有している場合に、内閣総理大臣に提出しなければならない報告書のことです。

大量保有報告書には、株式等の保有目的や取得資金に関する事項など、重要な契約の有無などを記載します。
市場の公平性、透明性を確保するための制度であり、機関投資家であるか個人投資家であるかに関係なく提出しなければなりません。

また、株式を有するに至った事由も制限されておらず、市場で購入した場合だけでなく合併や会社分割などで保有するに至った場合も、大量保有報告書の提出の義務があります。

そのほか、大量保有者は株券等の保有割合が1%以上増減した場合や、何か重要事項の変更があった場合にも変更報告書を提出しなければなりません。

提出期限は5%を超えて保有した日から5営業日以内と短く、悪質な場合には罰則規定の適用もあるので十分に注意しなければなりません。

この用語の同カテゴリーの用語