中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

秘密保持契約

秘密保持契約

 

「秘密保持契約(Non-disclosure Agreement、NDA)」とは、契約の交渉過程において一方の当事会社が知りえた機密情報を第三者へ漏洩したり、目的外で使用したりさせないための契約です。
「Secrecy Agreement」や「Confidential Agreement」と呼ぶこともあります。

契約の冒頭で何が秘密情報に該当するのかを定義づけ、その情報の扱い方を決めます。
相手方に開示するすべての情報を秘密情報と定める場合と、あらかじめ秘密情報であると伝えたものに限って秘密情報と定める場合があります。

前者の場合おびただしい数の情報量について秘密保持義務を負うことになりかねないので、安易に包括的な条項を設けず、ある程度特定したほうが無用な争いを避けられます。

加えて、秘密保持義務を負う期間についても明確な定めが必要です。
会社にとって有用な情報については、契約終了後にも効力が存続する条項(存続条項)を秘密保持契約に設けておいたほうがいいでしょう。

この用語の同カテゴリーの用語