中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

破産法

破産法

 

「破産法(Bankruptcy Act)」とは、資金繰りに窮して立ち行かなくなった企業について、破産管財人主導の下で当該企業の清算を行う要件や手続きを定めた法律です。

倒産法に関わる法体系(倒産法)のなかで、最も基本となる法律です。民事再生法や会社更生法のように再建型法的整理手続きではなく、清算型法的整理手続きについて規定されています。

また、破産法では一般的な法人の破産手続きだけでなく、相続財産や信託財産の破産など特殊な手続きに関しても包括的に定められています。
債権者であれば債務超過に陥っている会社から自分のお金だけはどうしても取り返したいと考えても無理はありません。
このため、もし破産法が存在せずに債権者の自由にさせておくと、早い者勝ちになりかねません。

そこで、破産法が債権者間の公正さを保つことなどを目的として制定されました(破産法1条)。
そのほか、破産法は債務者の経済生活を立て直す機会を設けることも目的としています。

この用語の同カテゴリーの用語