中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

株式譲渡

株式譲渡(かぶしきじょうと)

 

株式譲渡はM&Aの手法のひとつであり、対象会社の株式の売買によって、経営権を移転する方法を指します。

具体的には、売り手側の既存株主が保有している株式を買い手側に譲渡し、買い手側は現金を支払うという手続きによって成立します。
ただし対象会社の支配権を移転させるためには、株式(議決権)の過半数の移転が条件となります。議決権の過半数を取得することにより、株主総会で取締役の選解任について単独で決議する権利を有することになるためです。

さらに定款変更や合併、会社分割などの組織再編を行うためには、株主総会の特別決議が必要となりますが、その決議要件として「議決権を行使できる株主のうち、議決権の過半数を保持する株主が出席し、さらに出席した株主の議決権のうち3分の2以上の多数が必要」(会社法第309条)という決まりがあるため、特別決議まで考慮するならば、議決権の3分の2以上を取得することが必要です。株式譲渡は、株式引渡や株式交換、株式移転、あるいは合併など、M&Aにおける他の手段よりも手続きが比較的容易でスピーディーなことから、中堅・中小企業などでよく利用されている手段です。

株式譲渡における注意点としては、買い手側が買収に必要な資金を事前に準備しておくことや、非公開株の場合だと資産価値が不明瞭なため、適切な譲渡価格等について適宜専門家のアドバイスを受けることなどが挙げられます。



この用語の同カテゴリーの用語