中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

役員退職金

役員退職金(やくいんたいしょくきん)

役員退職金とは、役員が退職するときに支払われるお金です。法的に支給が義務付けられているものではなく、長年の勤続を奨励して慣例的に支払われています。

役員退職金の損金算入にあたっては法人税法上の制限を受けるため、税務上の要請から退職金として支払う金額は適正妥当なものでなければならず、最終報酬月額や役員としての在任年数、功労倍率等をもとに計算する場合があります(役員退職金=最終報酬月額×役員としての在任年数×功績倍率)。ここで功労倍率は明確な規定はありませんが、「社長3倍・専務2倍・取締役1倍」を採用する場合もあり、同業他社等を参考に決定します。このため支払時のトラブルを未然に防ぐためにも、あらかじめ役員退職金規程を作成しておくといいでしょう。このとき功労倍率や支払時期だけでなく、どのような事由があればその額を加減できるかについても書いておいたほうがいいでしょう。前述の通り、役員退職金は一定の範囲内において損金として処理できるため、ある程度企業にとってもメリットがあります。



この用語の同カテゴリーの用語