中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

IPO

IPO(Initial Public Offering)

 

IPO(Initial Public Offering)とは新規株式公開のことで、未上場会社が東京証券取引所などの証券市場で自社の株式を新たに公開し、流通させることをいいます。

IPOを行う主なメリットとしては、広く投資家から資金を調達できるようになること、上場審査準備を通して内部管理体制が整備できること、知名度や信用力の向上が図れること、そして創業者利益の獲得ができることが挙げられます。創業者利益の獲得手段としては、IPOのほかにM&Aも選択肢としてはありますが、特にオーナーの事業継続意向が強い場合や資金調達ニーズがあるものの独立した経営を望まれている場合などは、IPOを志向するケースが多くみられます。

なお、IPOでは、不特定多数の株主に株式を販売する必要があるため、実現するためには証券会社及び取引所による厳しい審査を通過する必要があります。また、過年度の財務諸表に関して監査法人の金商法監査が必要になります。その他にも、ガバナンス体制強化のために社外役員を登用したり、システム投資や管理部門の人員強化など、多くのコストや労力がかかると共に、M&Aと比較して長い準備期間を必要とします。

加えて、IPOのバリュエーション時はマーケット環境の変動を受けやすく、創業者が希望した時期に希望する価格感で株式を売却することは、相応の難易度が伴うことになります。
そのため、特にベンチャー企業を中心に、IPOとM&Aの双方を見据え検討されている経営者の方も多く見られます。

この用語の同カテゴリーの用語