中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

債務超過

債務超過

 

債務超過とは、簡単にいえば負債額が企業の資産または返済能力を超えてしまっている状態のことです。
これは貸借対照表上のもので、その状態のことを「簿価債務超過」という表現をします。

ほかにも、債務超過に関連した用語に「実態債務超過」が挙げられます。
「実態債務超過」とは、貸借対照表の評価替えを行ったり営業権を計上したりした後でも、まだ債務超過が解消されない状態のことです。

債務超過になると、上場企業の場合はそれが「上場廃止基準」に抵触してしまうという結果を招きます。

債務超過に陥った場合でも、1年以内にこの状態を解消できれば問題はありません。
しかし、解消できない場合は上場廃止になります。

債務超過に陥った企業は、金融機関から新規融資に応じてもらえないことが多く、破綻を回避するには難しい条件となります。

この用語の同カテゴリーの用語