中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

株式交換

株式交換

 

株式交換とは、発行済み株式の全部をほかの株式会社、または合同会社に取得させることを指します。
これによって、完全親子会社関係を作り、組織再編をする行為のことです。

平成9年の独占禁止法改正によって金融持株会社が解禁されたことを受け、より簡単な方法で完全親子会社を作れるようになりました。
すでにある会社間で行う株式交換は、企業買収や既存の子会社の完全子会社化などに利用されています。

特例有限会社、合資会社および合名会社は株式交換の当事会社となることはできないものの、株式移転の場合と異なって合同会社を完全親会社とすることは認められています。
完全親子会社の関係は合併と似ている面もあるものの、会社の法人格は完全子会社となった後も維持されます。
そのため、株式交換によって完全親会社が完全子会社の債務を承継するといった問題は起こらず、会社の組織体系や人事制度などを残したまま経営権を引き継ぐことができます。
また、登記事項に変更がない場合は、登記を申請する必要もありません。

この用語の同カテゴリーの用語