中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

業務提携

業務提携

 

「業務提携(Business Alliance)」とは、複数の企業が技術開発や営業活動において協力しあうことをいいます。

業務提携の方法は企業の求める目的によってさまざまで、共同で製品を生み出すこともあれば、人材を相互に行き来させることもあります。

合併のように一方の企業がすべて取り込まれてしまうわけではなく、複数の企業が独立性を保っており、意見の食い違いがあらわれたときには提携を解消することも可能です。

業務提携を行う企業は独立・対等の関係にあるので、どちらか一方のみにとって有利な条件で契約しようとしても成功しないでしょう。
どちらにとっても魅力のある契約内容とすべきです。

また、契約内容を両社が自分の好き勝手に解釈してしまうと無用な争いを招くので、契約の文言は一義的に明確なものとしたほうがいいでしょう。

これに対し、資本提携はお互いの会社の株式を10%程度(経営権を取得しない程度)購入したうえで結びつきを強め、相互に企業価値を高めることをいいます。

どちらかの企業のみが株式を取得する場合は資本提携ではなく資本参加と呼ばれています。
 

この用語の同カテゴリーの用語