中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

買収

買収

 

M&A用語としての「買収(acquisition)」とは、経営権を獲得する目的で株式の過半数や事業部門の資産を買い占めることをいいます。

買収のなかでも敵対的買収とは、買収を仕掛ける企業が取締役会の同意を得ることなく、株式の買占めを進めることです。

M&AはMergers and Acquisitionsの略であり、M&Aにおいて買収はもっとも基本的な概念のひとつです。

新規事業を新たに始めるよりも実績のある既存の企業を活用するほうが、時間やコストの削減になると考えられています。また、節税効果を狙って赤字会社を買収するケースもあります。この場合、事業を立て直せばシナジー効果を得ることもできます。

ちなみに、Mergers(合併)とAcquisitions(買収)では、手続き後に両当事会社が経営を続けていくかが異なります。

つまり、合併では手続き後一方の会社が消滅してしまうのに対し、買収の場合には一方の会社が消滅するとは限りません。

また、合併はどちらかが経営権を有するため0か100かの話ですが、買収では買い占める株式数等によって支配権の強さが違ってきます。

この用語の同カテゴリーの用語