中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

バリュエーション

バリュエーション

 

バリュエーションとは、株式や事業を売買するときに事業計画・財産状況・市場価格などの情報にもとづいて、株式または事業を評価することを指します。

売り手や買い手の投資意志決定の判断材料として使われ、企業価値評価とも呼ばれています。

バリュエーションの手法は将来の収益獲得能力の価値を評価するインカムアプローチ、市場株価に注目をするマーケットアプローチ、貸借対照表上の純資産に基づいて評価をするネットアセットアプローチの3つがあります。

評価の基準として、絶対評価と相対評価に分けられます。
絶対評価では将来の収益を予測し、現在の価値に割り出して合計したものを企業価値として算定します。
株式の場合、理論株価を算出して現在の株価と見比べたうえで、投資するべきかどうかを判断していきます。

その一方で相対評価とは、競合他社や対象となる企業の過去の動きと比べて評価していきます。
計算が比較的簡単であり、競合他社と比較することで対象となる企業の優位性を判断することができます。
ただ、会計の方針などのよって評価が大きく異なる場合もあるので注意が必要です。

この用語の同カテゴリーの用語