中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

EPS

EPS(Earnings Per Share)

 

EPSとは、Earnings Per Shareの略で、一株当たりの利益のことです。

EPSは、企業の1年間の純利益(当期純利益)を発行済みの株式総数で除して求めることができます。

一株当たりの利益が出せることから、さまざまな株価分析の場面で利用されているものです。

EPSの計算式は「当期純利益÷発行済みの株式総数」になります。純利益が増えればEPSは上がりますし、発行済みの株式総数が減ったときもEPSは高くなります。
発行済みの株式総数が減るというのは株式の合併が行われた場合や、企業が自社株の購入を実施したときと考えるのが一般的です。E

PSを毎年比較していくことで、企業が株主に利益を還元できるような対策を練っているかどうかの判断もできます。
順調に上昇している企業は、それだけ株主の利益に貢献できる策を行っていることがうかがえます。

また、定期的に自社株を購入している企業も、株主の利益を考慮しているという見方ができます。

この用語の同カテゴリーの用語