中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

民事再生法

民事再生法

 

2000年4月1日に施行された「民事再生法(Civil Rehabilitation Act)」とは、企業や個人の再建手続きを定めた法律です。

経済的に困窮に陥っているものの再生の見込みのある債務者について、債務者と債権者の権利関係を調整し、事業または経済生活の再生を図ることを目的としています(同法1条)。

従来、再建型手続きを取り締まっていた和議法には、再建を開始するために破産原因が必要であり、適切なタイミングで再建手続きを開始することができないという問題点がありました。
また、裁判所の和議認可決定後、債権者集会で決められたとおりに債務者が支払いをしない場合であっても、債権者を救済することができませんでした。

民事再生法では「債務超過のおそれ」があれば手続きを利用できるので、より早期のタイミングで再建手続きを始められます。
加えて、再生計画認可決定後も一定の場合には3年間再生計画の監督がなされ、債権者は別途訴訟を提起することなく債務者に対し強制執行を行うことができます。

この用語の同カテゴリーの用語