中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

上場

上場

 

「上場」とは、会社が発行する株式に対して、証券取引所が売買できる資格を与えていることをいいます。

証券取引所で売買可能な株式は上場されている株式「上場株式」のみで、この株式を発行している会社を「上場会社」といいます。 

上場会社が上場を維持するためには、投資家保護を前提とした金融商品取引法に基づく監査をクリアすることや、証券取引所の規則に基づく情報開示等の様々なルールを遵守する必要があります。これら厳しい法令・規則等に対応できているからこそ、上場会社の株式は証券取引所で自由に売買することができますし、「上場会社」という信用力が作られています。

そして、取引所で自由に売買が行われるため、上場株式の取引価格と需給の状況は非常に明確となります。そのため、増資を行う際にも、不特定多数の投資家に向けて募集を行うことができ、未上場会社では難しい大規模な増資も可能となります。また、証券取引所にて株価が形成されていることで、株式交換などの自社の株式を対価としたM&Aが実施しやすくなります。

一方で、株式が取引所で自由に売買されるということは、会社が望むような株主ばかりではなくなることを意味します。未上場で株式に譲渡制限のある会社とは異なり、敵対的な買収のリスクがあります。また、四半期ごとの業績開示やそれに対する様々な株主の反応により、経営者が近視眼的な経営に陥るリスクも高まります。