中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら日本経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

投資ファンド

投資ファンド

 

投資ファンドとは、投資家から資金を集めて特定の会社や事業などに投資をする仕組みのことです。
得られた利益を投資家に分配することを目的としています。投資ファンドの種類としては、証券会社や銀行の窓口で販売されている「投資信託」や「商品ファンド」、「不動産特定共同事業」などが挙げられます。

法律では集団投資スキームと定義づけられており、金融商品取引法のもとファンドの設立には金融商品取引業者としての登録・届け出が必要です。

投資家から多くの資金を集めることで、投資先に対する一定の影響力を持ちます。

投資家の視点から見ると、個別の投資先を調べる手間が省けるメリットやファンドが設定する目標利回りなどから、投資の計画を立てやすいという利点があります。

投資の責任者はファンド・マネージャーと呼ばれ、運用実績に応じて歩合制の報酬となるのが一般的です。
銀行などの金融機関と比べて法による規制が厳しくないため、機動的な運用が可能だといえます。
そのため、株式を対象としたものや不動産を対象としたものなど、さまざまな種類のファンドが目的別に設立されています。

この用語の同カテゴリーの用語