中堅・中小企業の事業承継・M&A仲介なら経営承継支援

03-6279-045703-6279-0457受付時間

セミナー情報・申込

お問い合わせお問い合わせ

メニュー

M&Aを成功に導くための秘訣とは?

M&Aによる買収は買い手と売り手双方にメリットをもたらします。買い手は時間を浪費することなく、経営規模の拡大及び経営基盤の強化を図ることができますし、売り手にとっては後継者問題を解決するための1つの選択肢です。
しかし、M&Aによる企業間の統合は、いくつかの点で注意しておかなければ上手くいかないこともあります。せっかく統合するのですから、シナジー効果を発揮してさらなる経営状況の改善に貢献することが大切です。では、M&A成功の秘訣にはどのようなことがあるのでしょうか。

規模の大きい会社を買収するときは注意

M&Aを成功させるための秘訣の1つには「規模の大きい会社の買収ほど慎重に行うこと」です。当然のことながら、規模の大きい会社ほどM&Aによる取得価格が高くなるため、それだけの費用対効果が見込めなければなりません。そのため、M&Aを成功させるには買収する企業のどこに魅力を感じているかを明確にすることが大切です。たとえば、規模の大きい会社を買収するにあたって、その会社の売上高が魅力なのか、各地域にある支店や倉庫などの設備に目を付けたのか、人材やノウハウが欲しかったのかなどをよく検討しておきましょう。売上高のようなわかりやすい数字ではないメリットも存在しますので、買収にあたっては買収先の企業の魅力が関係者にわかるような資料作成も重要です。

また、規模が大きい会社であればあるほど、統合後のPMIも難しくなることは忘れてはいけません。統合するにあたっては、経理から営業まですべてのシステムをお互いの会社で使える状態にする必要があります。いつまでもバラバラのまま使っていたのでは作業効率が良いとは言えません。規模の大きい会社と統合するときこそ、スケールメリットを得られるはずですので、それを最大限生かすためにもできる限り早期にPMIを実行しておきたいものです。しかし、規模の大きい会社との統合ほどPMIによる統合作業は細かくなります。そのため、統合前から統合後までトータルで考えて自社にとってメリットがあるかどうか検討することが成功の秘訣だと言えるでしょう。

買収金額には要注意!

M&Aで企業を買収するときに問題になるのが譲渡価格です。M&Aによる企業の譲渡価格には値札がついていません。そのため、適正な値段を算出することが難しいのです。当然のことながら、高値で買ってしまうと必要コストが増えてしまいます。買収するメリットが薄れてしまうことがあるため、高すぎる価格で買収しないことも成功の秘訣だと言えるでしょう。
適正な価格を見極めることは難しいですが、買収価格を算出するうえで大切なことは「買収する企業が将来的にどれぐらいの価値を生むか」を見極めることです。現時点では売り上げが好調な企業であっても、時代の変化とともに将来的に売り上げが減少していく危険性もあります。買収する側にとって大切なのは昨年度の利益ではなく買収後の利益です。長期的な視野で対象の企業がどれぐらいの利益に貢献してくれるかを基に買収金額を検討するとよいでしょう。

たとえば、買収予定先の企業にある事業計画書を参考にするのも一つの方法です。仮に相手の買収希望金額が5億円を提示してきたとしたら、事業計画を参考にして本当にそれだけの利益を生む体制が整っているかどうか判断すると良いでしょう。ただし、その事業計画書の数字が正しいかどうかは別問題です。あくまで事業計画書は参考程度に捉えておいて、最後は自分自身の目で確認してから決断するようにしてください。また、できるだけ適正な買収金額を知りたいという人は、M&Aを専門に扱っている企業に依頼すると良いでしょう。豊富なM&A経験を持っている専門家に依頼することで、これまでの知識から適正な値を算出するたけでなく、状況に応じたアドバイスをもらうことも成功の秘訣だといえます。

被買収企業の社員とのコミュニケーションも大事!

M&Aによる買収を成功させるための秘訣の3つ目は「被買収企業の社員とコミュニケーションをしっかりとること」です。被買収企業の規模に関わらず、買収した側の従業員が上の立場に立って物事を進めてしまいがちですが、このような形ではスムーズな事業承継は完了しません。売却した企業の社員と同じ目線で1つの会社を盛り上げていくという気概が社員同士になければチームワークがバラバラになってしまい、統合した意味がなくなってしまうでしょう。そのような事態を起こさないためにも、役職が上の立場の人間ほど売却側企業の社員と積極的にコミュニケーションをとることが求められます。M&Aによる買収で、これまでよりも効率良い事業を行うためにも実践してみてはいかがでしょうか。

また、可能であれば企業理念や社風が似ている企業同士でM&Aを行うのが良いでしょう。
それらが似ている企業同士であれば、売却した企業の社員も従来とあまり変わらずに仕事をこなしていけるのではないでしょうか。買収された企業の社員というものは、何かしら不安を抱えているものです。彼らの能力を最大限に生かすためにも、積極的なコミュニケーションを図ると良いでしょう。
ここまで述べてきたように、M&Aの成功の秘訣は「規模の大きい会社の買収ほど慎重に行う」「買収金額には根拠を持つ」「買収先の社員とコミュニケーションをしっかりとる」ことです。費用対効果にあったM&Aを実現するためにも参考にしてください。
 

 

関連記事